スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう潮時・・・(泣)

マジか、この忙しさ?

たぶん、業界全体が動いてるんだと思うんだけど、
もはやまったく自分の時間がとれないよ~~

断ればよいというご意見は
夫をはじめ、多数の方からいただいていますけど、
今、オレはお仕事を引き受ける相手を
お得意様に絞り始めていて、
それでも常に仕事に埋もれている・・・・
作業効率が悪いのかな・・・・

10月でこれでは、これから訪れる
業界の超繁忙期には
どーなるんやろ・・・・

で、問題は畑である。

何とかかんとか作業の時間をとって
畑に週に一回は行くけど、
雑草を抜いたり、いろんな作業をしていると
3時間くらいあっという間にすぎるのだ。
そして秋・・・実りの季節・・・・
春菊がすでにボーボーになっていた・・・・
早く収穫して炒め物に、胡麻和えに、
鍋に、おひたしにせねば~~~

もう無理かな・・・・
農園塾も5年目で、また更新の時期を迎えている。
いつも、今回は更新しないでおこうと思うけど、
実際に畑がなくなったことを想像すると
悲しくて悲しくて、あー、ちょっと無理すりゃできるよ、
そうだそうだ、と思い直して更新してきたけど、
もう本当に無理かもな~

でも、畑がなくなったら・・・・
野菜を全部買うことになる・・・
土で野菜を育てることを覚えたら、
野菜をスーパーで買うのが
とてもつまらないことに思えるのだ。

しかし、実際問題、畑に行く暇があれば
身体を休めて睡眠を取り戻したい気持ちが強く、
そして大好きなジムにもあまり行けていない・・・

資本主義という滑車の中を
猛スピードで走り回っている
ハム太郎のよーなオレ
息抜きのために始めたはずの農園が
新たな滑車の負荷となるとは
誰が想像しただろうか?

んなわけで、相変わらず堂々巡りをしております・・・・

□来年度も更新します
□来年度は更新しません

の中から、

☑来年度は更新しません

とすればいいだけなんだけど、
なんでこんなに決断が難しいんだろう・・・・
スポンサーサイト

放電。

ずーと体調を崩していたオレだが、
じつはまた農業塾にエントリーしてしまい、
3月後半から新学期が前のめりにスタートしていたのであった

しかしオレは毎日うつむいて仕事ばっかりしていて、
締切がぎっしり入りすぎていて
スーパーにも行けず、
コンビニに毎日行くことだけが喜びとなり、
コンビニのお姉ちゃんやお兄ちゃんに
スーパー常連認定されたらしく、
オレの姿を見ると、
レジにいる彼らが
ひときわ元気に「いつもありがとうございます
とテンション高く声をかけてくれるよーになった、
そんな毎日を送っていたため、
畑の講習会にだけはヨロヨロと参加して
作業のノートをとり、種をもらっていたのだが、
実際の作業は全然手をつけられない・・・どころか
農園にも足を踏み入れることができなかった・・・・

あああ~、なんで、なんで、今年度も更新しちゃったんだろう~

農業塾に、いろんな年齢層の
おしゃべり友達ができたため、
昨年度の終わりあたりに、
みなさんと話すたびに

「来年は更新しますか?」
と聞かれ、言葉をにごしていると、
「私は(僕は)更新しますよ!
また一緒にやりましょう!」

と力強く励まされ、
そして野菜を育てて収穫するという一連の作業は
ものすごーく好きなので、
ついつい魔が差したよーに
更新手続きをしてしまった・・・

ああ、オレのバカバカ!
お調子者~っっ

だいたい仕事の受けすぎにしても
無理な農業塾更新にしても、
すべての根底には、このお調子者というサガが
原因として横たわっているのである

で、畑・・・・。
2回も講習があり、配布された種も
累計10種類になり、
にっちもさっちもどーにもブルドック
と若者には絶対わからない叫びを
心の中であげていたのだが、
体調がよくなったので、今日思い切って
行ってきましたよ、ええ

そして発見しましたよ、200区画以上ある中で
何一つ作業がなされていないのが
オレの区画だけだということを
ああ・・・ビリ・・・・
すべて自業自得・・・・

しかし、追い詰められると
異常な集中力と効率性を発揮するのが
オレの脳のステキなところ
今日は2時から5時までの3時間で
うねを5つつくり、10種類の作付も終えたわっっ
そして今日仲良くなった高齢者のおじさんに

「あなたはすごいねえ

と、その突貫工事ぶりを
ものすごく驚愕されながら
ホメてもらったのである

そうよおじさん、オレは追い詰められると
火事場の馬鹿力を発揮する女

んなわけで、今日3時間で
ビリからふつうの人まで下剋上を成し遂げたのである。

作業中、しみじみ思った。
オレは本当に本当に
農作業を愛していると。
いや、ものすごい規模になって
プロになったら、大変だと思うの。
でも4畳半くらいの畑で
いろんな野菜を植えているレベルの農作業は、
本当にすべての作業が楽しいし、
頭が真っ白になって、
作業に没頭できる。

オレと土が向き合い、
決まった手順を踏んで
野菜が喜ぶように、
元気で育っていけるように、
環境づくりの作業を進めていく。

頭の中にわいて出る
いろんなゴミみたいな思考のかけらが
きれいになくなって、
ただ黙々と作業するオレ。

そうするうちに、だんだん日が陰ってきて
風が少しずつ冷たくなっていき、
空が夕暮れ色に染まっていく様子を
手を止めてしばしながめたりする。
そんな一日の風景の変化を
身体全体で感じられるところも
とにかくすべてが愛おしい。

オレは、オレは畑仕事が好きや~っっ

オレの仕事はいつも頭で考えているので、
なんというか、脳がコリコリにこるというか、
いろんな考えで頭がパンパンになるというか、
いつもそんな感じで、
すべての気が頭のあたりに上昇し、
そこから降りてこれないよーな感じになる。

それを下すために、走ったりするわけですが、
畑仕事をしていると、
そんな凝り固まった頭の中で
行き場を失っていたエネルギーが
無駄な考えみたいなものが
すーっと消えていくのである。
この感覚を表現するならば、
たまりにたまって出所を失った電流が
アースを伝わって
地中に放電されるような感じだ。

農園でオレに割り当てられた
4畳半くらいの区画ちゃん。
これから約1年、どうぞよろしくね
ラブラブ

ロールシャッハ。

あいーんキャロット

何を撮影しても、なぜか画像がすべてピンボケになる
そんな魔法の手を持つオレ
だから本ブログにもあまり画像が登場しないのだが、
先ほど畑から引っこ抜いた人参が
あまりに個性的な形状をしていたので、
画像をアップせずにはいられない。

カレーをつくろうとして冷蔵庫の野菜庫をあけたら
人参がなかったので、自転車で区民農園の
マイ区画まで行って3本ばかり引っこ抜いてきた。
そしたら、その中の一本が
画像のよーな形をしていた

真ん中がひび割れてきたので
それを結ぶかのように、抱きしめて
これ以上亀裂が進んでも
分解しないようにしているかのよーに
左のほーから腕のよーな、
太いヒモのよーなものが出てきて
本体にからみついている。
オレが管理する4畳半くらいの区画でも、
実にいろんなドラマが起きているのであった。

いったいどのよーな事情があって
こんな形になったのだろう?
思わずこの人参をにぎりしめたまま
区画の真ん中に立ち尽くすオレ。
だいたいオレはネット通販で
「わけありリンゴ」や「わけあり明太子」を買うのが好きなのだが、
それらが届くと、必ず荷物に

「どんな訳があったのか、
おばちゃんに話してごらん、え?」

と聞きたくなるよーな性格構造を持っている。
だから、この人参が一般的な形状を採用せず、
このよーな形を選んだわけを聞きたくてたまらない
しかし当然ながら、人参は寡黙で
何も答えてくれないので、
我慢してそのまま家に持ち帰って
未消化な気持ちを抱えてカレーの材料にするしかない

で、この人参をよくよく見ていると、
いろんなことが頭に浮かび、
さまざまな形に見えてきたのである。

まず、最初にこれを見たときに
すぐに頭に浮かんだ言葉は

「母の愛」

であった。
ひび割れたわが子の亀裂が
これ以上進まないよう、必死で抑える腕。
それが母なる愛の象徴に見えたのである。
この二の腕がむっちりした感じも
ノースリーブのオバハンの腕に似てるし・・・

でも、よーくよーく見ていると、
これが発情期にある恋人同士の抱擁にも見えてきた。
腕を回しているほーが女性で、
右の若干背が高く見えるほーが男性である。

それからしばらく農作業にいそしんで
再びこの人参をまじまじと見るオレの脳裏に
あるひらめきが浮かんできた。

こっ、この人参は、
志村けんの

「アイーン」をしているわっっっ

そう思った瞬間、
もうこの人参の形状が
アイーンのポーズ以外のものには
どんなに努力しても見えなくなったのである。

ということは、これが正解なのかしら
少なくともオレにとってはね・・・・

同じものを見ても、
それがどう見えるかは、
見る人間の受け取り方、感じ方次第なのである。
個人が見たものをどう感じ、どう受け取るかは、
それまでのその人の経験や、生来の特性など、
数々の要因が組み合わさって決定される。

うちはカメ姫さまが志村けんの大ファンで
リスペクトしまくっているので、
家族で「志村魂」というライブを何度か見に行っている。
今年も明治座で開催された志村魂を見に行った。
そのよーな経験が、いつの間にかオレの
物の見方に影響を与えて、
アイーンのひらめきを授けてくれたのじゃろう。

日常生活にはかように新しい驚きや発見が満ちており、
毎日、いろんなことに感じ入ったり、
しみじみしたりするのである
オバハンになってから、ますます日常生活に夢中なオレは
やはり幸せと言わざるを得ない。

みんな迷って生きている。

オレは農業塾の塾生として
これで2年間、己に与えられた四畳半くらいの区画に
先生が教えてくれるままに土を耕し、
肥料をすきこみ、タネをまき、
大切に手入れしながら育て、収穫し、
最後の土をきれいにする、という
一連の作業を続けている。

通年で30種類近くの作物を育てており、
種類によって手入れの方法が違うので
なかなかに刺激的である。

しかしっっ
と・・・とにかく大変なのよね・・・

塾であるゆえ、決まった日に講習会があり、
そこに参加してノートをとり、
苗、タネ等を受けとり、
次の講習会までに与えられた宿題を
己の区画の中でこなす。
それは大根とほうれん草と小松菜とラディッシュの
畝をつくってすべてを植え付け、
寒冷紗をかぶせておくことだったりする。

天気によって作業ができない日もあるため、
いつも天気を伺って、
できそうなときには走って畑に参上し、
作業を始めたら最後5時間くらい動けなかったりする。

特に春~夏の終わりの期間は
山のよーに作業があり、
ほとんど隔日くらいの頻度で
畑にはせ参じていたオレ。

いや、楽しいんすよ、楽しいの。
オレが借りているささやかな区画は、農家の方が
日々対峙している畑のよーな広さがあるわけではなく、
本職の方が見たら鼻で笑ってしまうよーなものだけど
シロートのオレにとってはなかなか難しい。
しかし、農作業そのものは楽しい。
オレは重いものを持って運ぶのが好きだし、
あっちこっち歩き回るのも大好きだ。
堆肥を山のよーに入れたバケツを両手にもって
区画と何往復もする作業も嫌いではない。
なんかね、生きてるって感じがするんだよね~
重いものを持って歩いていると、
ああ、生きてるなあって感じるのである。
馬で言えば道産子ね。
ばんえい競馬にエントリーしてみようかしら・・・。

それに作物がタワワに実ると
やはり爆発的に楽しいのである。
あんなに楽しいことって、世の中に
そう多くはないと思えるくらい楽しい。
夏は本当に手入れが大変なんだけど、
トマトやキュウリやナスやゴーヤが
それこそうなるほど収穫できる。
夜明けごろにバケツと収穫用のはさみを持って
区画に入り、キュウリを収穫していると
いつの間にか20本以上になっていたりね・・・
ほんとにほんとに楽しいの
スケベなおじさんがキャバクラに行って
若いお嬢さんたちに囲まれたら
きっと脳内に、快楽や興奮をつかさどる
いろんな化学物質がドバドバ分泌されると思うけど、
キュウリやトマトに囲まれているオレの脳内には
間違いなく同じ現象が起きているはず

しかも、キャバクラのおねえちゃんと違い、
野菜たちはオレに見返りを求めない。
静かにそこになっていて、
オレの手がのびるとしずしずと身をゆだね、
粛々ともがれてくれる・・・・
まあ、とれすぎると近所の方々に配り歩いたり、
家で山のようにピクルスをつくって保存に努めたり
いろいろ忙しいんですが、
しかし畑にまつわるさまざまな作業は
オレにとって間違いなく楽しいものである。

でもね~、時間がないときは
ほ・・・・本当に逃げたくなるの~~
本業で徹夜続きにもかかわらず、
天気がよくて風がなかったりすると
どんなに体が休養を欲していても
畑に行って作業しないわけにはいかず・・・・
何度も止めようかどうしようかと
迷いながらも、やはり夏、あの野菜キャバ嬢たちに囲まれて
有頂天になっていた喜びが忘れられなくて・・・
また更新してしまったオレ・・・・

先だって、農園の共同水道で
寒冷紗を洗っていたらば、
60~70代くらいのおじさんが話しかけてきた。

「何年目ですか?」

「私は2年終わって、今度は3年目です」

というと、おじさんは堰を切ったよーに話し始めた。

「土に触れあいたいと思って申し込んだんですが、
いや、甘かったですね・・・こんなに大変とは・・・
土と触れ合うじゃなくて、土にうなされました。
もう私は無理ですね、来年度は更新しません」

おお・・・・おじさん・・・・
そうよ、土と触れ合うステキな生活というのは
きっとプランターをいくつか並べてるくらいで
止めたほーがいいわ
ここでやる作業は「土とのふれあい」ではなく、
「土や害虫や直射日光や日照りや台風と
4畳半というステージでがっぷり四つ」なのよね・・・
後姿が少しさびしそうだったおじさん。
畑をやめたら、もっとゆっくりできるわよ

更新希望を出したオレだが、
正直まだ少し迷っている。
本登録してしまうと、
また待ったなしの作業を開始しなければならない。
本業の忙しい時期と
宿題をどーやって両立させていくのか・・・・
オレの挑戦は続く・・・
(やっぱ更新する気かい!)
プロフィール

マリママ

Author:マリママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。