スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深刻じゃない。

ま、またブログを放置してしまったワ
あまりの放置プレイぶりに、
名古屋に住むリアルマブダチが
「何かあったのか、元気なのか?」と
オレに電話してきたわ。
元気にブログを更新していると、
リアル友達はオレと交流してる気分になって
すっかり音沙汰がなくなり、
ひとり相撲な毎日になるけれど、
放置してると交流が復帰するという
この不思議・・・・
でも、心配してくれたY子ちゃん、ありがとう~
オレは元気だぜ、ハニー
心配せずに、ゼニを稼ぎなさい。

放置していたのはおもに
確定申告のせいである。
青色申告を完遂するべく
帳簿やパソコンを持って右往左往していたのだ。
何度かブログを更新しようと
PCの前にすわって

「あおいろしんこく」

と打ち込んでみたらあ

「青色深刻」と変換される始末。
オレのPCっては、パンチが効きすぎ
やっぱ飼い主に似るのかしらね~

今年もあまりに忙しく
大変にいい加減な帳簿を持って
最寄りの税務署に出向いたところ、
青色申告相談コーナーで
「あなた、これはもったいなさすぎる。
青色申告会に相談に行きなさい」と
喝を入れられ泣きそーになったオレ。
そのときは、とにかく一刻も早く
申告を終わりにしたかったので~~

忠告されているオレのもとに
青色申告会から来たサポーターみたいなおばちゃんが来て

「そうよ、あなた今からでも
青色申告会に連絡しなさい!
これで出すなんて損するばかりよ、
ね、ね、そうしなさい」

と再三言われ、青色申告会に向かったオレ。
じつは去年も同じ展開で
青色申告会に入会したのだが、
りんご狩りやいちご狩りバスツアーの告知の載った
ニュースレターを見て面白がっている以外は
記帳指導も簿記セミナーも
すべて見なかったふりをして生きていたのだ。
オレにとって青色申告会は
大変に敷居の高い場所であった。

でもっっ

青色申告会、行ってみたら
とーてもとーてもいいところだったわ~~

まず電話で、半泣きになりながら
「どうしたら65万円控除になるか
わからないんですうううう~」と訴えてから
無理やり時間をつくって入れてもらったので、
どんなすごいモンスターが来るか
少しおびえ気味だったようで、
オレが不備が多いながらも帳簿らしいものをつけており、
また経費の仕分けもそれなりにやっているのを見て

「これなら全然大丈夫です!
思ったより早く仕上がります

と力強く言ってくれた若い男性スタッフ。
ありがとう、ありがとう~~
このご恩は決して忘れません~

青色申告会の職員の皆様による
懇切丁寧な指導を受けるオレ。
毎回宿題を出され、指示どおりの作業をして
次回の予約に行くと

「上手にできましたね~

と力いっぱいホメホメしてくれる。
そう、オレはホメて育つ子
いつも「賢い賢い」とホメてくれるので、
職員さんが出す宿題を、本業の納期そっちのけで
ビシバシこなすオレ。
あの頃のオレは、この世の誰よりも生きてるって感じてたはず。

合計4回通い、
最後に青色申告会の女性スタッフに

「これで完璧です。
よくがんばりましたねえ。
うまくできました」

と言葉の卒業証書をいただいた。
ああ、本当に本当にありがとう~~
今年は本気で記帳を勉強します、
そして青色申告会が運営している
各種セミナーにも参加します~
できればリンゴ狩りにも行きます~

そんなこんなでぶじ確定申告を終えたオレ。
今年のテーマは個人事業主マインドを強化すること。
やってみれば青色申告、そんなに深刻じゃないわっっ
めでたし。
スポンサーサイト

青色申告の思い出ーピヨピヨ編。

こ・・・今年も来てしまったわ、
そう、青色申告ちゃんの季節が

毎年、バスに「確定申告はお早めに」の
腹巻みたいのがかかるよーになると
オレの心は暗く、どんよりと沈み込む。
しかし、やらねばならない。
やらないワケにはいかない。
というのも、オレの場合、
確定申告を行うことによって
還付される金額がかなりおいしいので
事務処理が苦手とか、
大雑把で、楽しいと感じること以外は
脳がピクリとも動かないといった
そんなささいな(←)理由で
スルーするわけにはいかないのよ~~。
下手したらオフシーズンのサイパンに
4泊5日で家族そろって行けるくらいの
金額が戻ってくるんですもの~~
(しかも三食つき)

んなわけで~、そろそろオレの秘書、
弥生を呼び出さねばならないわ・・・・
弥生はいっつもキビキビ仕事してくれかっからね、
できれば請求書を分類して
クリップでまとめたり、
各種経費を入力するところも
弥生がやってくれるといいんやけど・・・・
そうなったら、オレは何の迷いもなく
弥生ちゃんを養女にするわっっっ

オレが初めて青色申告を行ったのは
かれこれ4年前のこと。
それまでは今やっている本業を
専業にこなす人材として
ある奇特な企業に雇用していただいていた。
よって医療費や各種保険、
株取引で出した損失などを
白色申告で地味に申告し
数万円を手に入れて天下でもとったよーな
そんな気持ちになっていた。
ああ、楽だったよ、白色申告は

初めて青色申告をしたとき、
とにかく何もわからないので
税務ソフト「弥生の確定申告」をヤマダ電機で購入し、
弥生のいうとおり、ためておいた請求書を
次々に入力した・・・1日かかって泣きそうになった。
入力したのはいいけど、それからどうしていいか
さっぱり見当がつかなくなり、
とりあえずは弥生の画面をすべてプリントアウトし、
オレが居住する地域の税務署の
青色申告相談コーナーに持っていった。

そのコーナーには、シルバー世代の税理士さんが
数人すわっていて、
迷える子羊たちを前に座らせ、
確定申告書をなんとか形にできるよう
大変親身になって導いてくれるのである。
ループタイをした税理士さんたちが
救いの神に見えたオレ。
(なぜかその日はループタイ着用者が多かった)

真ん中のループタイ紳士に
名前を呼ばれ、プリントアウトを見せて

「ここまでやったけど、もうダメです~
オレには青色申告は無理でした・・・
今から白色に戻れないでしょうか~

と泣きごとを言うと、ループタイ紳士は

「ここまでできているじゃないですか。
もっとできてない形で相談にいらっしゃる方も
たくさんいます。
白色に戻るなんて言わないで、
一緒に見ていきましょう

ああ~、ループタイの王子様~~。
しかも飾りの部分が北海道の木彫りの熊の王子様~~
あなたに一生ついていきます~~

ループタイの王子様は確定申告の森で
迷いに迷っていたオバハン子羊のオレを
親切に導いてくださり、
40分ほどかけて確定申告書ができあがった。
そして15万円ほどが還付されるという
盆と正月とアベノミクスが同時に訪れるよーな
そんな運びになったのである

「ありがとうございますぅぅ~、ありがとうございますぅ~、
このご恩は一生忘れません~」

と感激するオレに、ループタイ紳士は

「あなた、これから個人事業主としてがんばっていくんだから、
青色申告会に入って勉強会で勉強してはどうですか?」

と青色申告会の入会申し込みはがきとパンフレットをくれた。

「でも・・・今ご覧になったよーに
オレの年間売上ときたら鼻くそのごとき額で、
こんな状態では来年、これより年収が下がるかもしれず、
勉強するといっても(入会金も高いし・・・)」

と口ごもるオレに、ループタイ紳士は畳みかけるよーに

「何を言ってるんですか!
あなたのこの商売、独立1年目から
黒字を出しているじゃないですか!
どんな人もね、最初の何年かは赤字なんです。
それが初年度から黒字!
あなたの商売は初期投資もほとんど必要ではないし、
在庫も抱えなくていい、生ものを腐らせることもない、
ほんっとーにすばらしい商売です。
そんな弱気でどうするの、これからあなたは
年収を2倍、3倍にしていかないと

も・・もしかして・・・・
起業家セミナーの講師もなさってる
そう思わずにはいられないループタイ紳士の
堂に入った励ましっぷりであった。

で、彼のおすすめにしたがって
地元の青色申告会に入会したんやけど、
季節ごとに青色申告会ニュースが送られてきて、

「いちご狩りバスツアー



「りんご狩りバスツアー

などの募集がなされていて、
オレの地元の青色申告会は何かを狩ることに
かなりの関心を寄せている模様。
ネタ集めのために一度参加せねば、と思いつつも
日々の忙しさに取り紛れ、
一度も会員の皆様と季節の交流ができないままである。

あのループタイ紳士の予言であるが・・・・
ピタリと的中!
オレの本業はヨロヨロながらも
2年目、3年目と順調に売り上げを伸ばし、
今年は1年目の2.5倍の売り上げを達成~~
その分、税金負担もどんどん増していくんだけど・・・・
でも、ループタイ紳士が
あのよーに「あなたはできる子!」と
キパーリを言いきってくれたことが
この展開に与えた影響は大きい気がする・・・・

さて、そろそろ弥生を呼び出すか・・・・

プロフィール

マリママ

Author:マリママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。