スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらながら年始の奥飛騨旅行。

豪雪にアタフタしていたため、
またもや旅行レポを放置していたオレ・・・

そういえば株主優待ランチ冒険のレポも
途中で放置したままになっているわ・・・・
放置しているからといって、
それらの活動はちゃんと完了しているのだけど
と、とにかく歳のせいなのかしらね、
次々に記憶が流れちゃって・・・・

んなわけで、まだ記憶が
脳細胞にはりついているうちに
高山からの続き。

某鳥類のバスツアーで高山の
ホテルひだプラザに1泊したオレたちファミリー。
このホテルは大層立派なホテルで、
ロビーから新館への通路には
室内なのだが、和風庭園のよーなしつらえになっており、
錦鯉が泳ぐ小川もさらさらと流れている。
台湾から来たらしき団体のお客さんも
鯉を見てテンション高く写真撮影をされていた。

このホテルには天然温泉の大浴場があり、
屋上ジャグジーからは
高山の町が一望できて大変気分がよい。

夕食は洋食、和食、中華から好きなものを選べるのだが、
カメ姫さまのたっての希望で洋食をチョイス。
指定されたレストランに行くと
なかなか素敵なフレンチレストランだったが、
そこにいるお客さんの8割方が
ホテルの作務衣風の室内着着用・・・
なんとなく不思議な気分に包まれながら、
オードブルからはじまる
コース料理をいただいた。

メインは飛騨牛のステーキで
非常にやわらかく、ジューシーで
大変結構でございました

で、次の日は朝早くからSHIRA, KAWA, GO!の
白川郷に。
白川郷までは非常によい道路が通っていて、
高山からも名古屋からも富山からも
アクセス至便になっている。
あちこちから観光バスがどこどんどこやってきて、
次々に観光客を連れてくる。
大駐車場でおりた観光客が
今度は続々と門から
絵のように美しい合掌造りの集落へと
吸い込まれていく。
観光工場のベルトコンベアに載せられたよーに
その動きには一切の無駄がない。

某鳥類バスツアーご一行様も
車内で大桃美代子さん似のテキパキとした
ガイドさんに白川郷に関するすべての知識を授けられた。
どこのトイレがすいていて穴場である、
どこのラーメンがおいしいといった情報や、
効率よく回る秘訣などを教わり、
鼻息荒く展望台行きのバスに乗る。

展望台から見た集落の風景は、
やはりたいしたもんだった・・・
雪にすっぽり包まれた山間の村。
そこここに建つ合掌造りの家々。
その景観はさながら一幅の水墨画のよう。
オレの頭の中にはなぜか

「ぼうや、よい子だねんねしな・・・
今も昔も変わらずに~

という日本むかしばなしのテーマ曲が流れ、
市原悦子さんの声で

「むかし、むかしあるところに」

とナレーションが始まるのであった。
なんというか~、そのよーな合掌造りの集落に
住んだことのないオレの中の
DNAにぐっとくるというか、
不思議ななつかしさでイパーイになるのよね・・・・
まさにこの村は「ふるさとの缶詰」。

白川郷の風景を見ながら
そのよーな感慨にふけっていると、
カメ姫さまの姿が見えなくなったことに気づく。
程なく、お土産屋から出てきて

「さるぼぼ」

をデザインに加えたブーフ(?だったかしら?なんだか若い子がすきな
くまのキャラクター)の靴下が売られているのを発見し
購入してきた模様・・・・

この「さるぼぼ」はサルの赤ちゃんという意味で
飛騨地方のあちこちで売られている
赤い顔の人形のこと。
飛騨をディズニーランドとすれば、
ミッキーマウスのよーな位置付けのキャラである。
最初はさるぼぼに何の感情も持っていなかったオレだが、
3日目に飛騨地方を去るときは
さるぼぼのことをかなり好きになっており、
お別れするのを寂しく思うようになった・・・余談ですが。

白川郷には台湾からと思われる
団体のお客さんを多数目にした。
雪がめずらしいようで、
みなさん、とーてもはしゃいでいて、

「雪を手にとるオレ」

「雪の上ではしゃぐ私と彼」

「雪に寝そべる私の子ども」

等々、いろんな設定で
山のよーに写真を撮影していた。
中華文化圏の方の特徴なのか、
被写体としての入り込み方が尋常ではなく、
「雪とオレ」「雪と私」の設定では
みんなが冬ソナみたいだった・・
「雪に寝そべる私の子ども」の設定では、
パパやママがお子さんに
厳しく演技指導をしていた。
白川郷は思った以上にグローバルな観光地である。
オレの愛する国技館くらい多国籍だったよーに思う。

(つづく)








スポンサーサイト

豪雪の後始末。

豪雪により激しく傾いた我が家のカーポート。
その補修と、ついでに屋根・壁面を
全面塗装しなおすことにして、
また、これもついでに
車検&車のキズ直しと、スタッドレスタイヤと
ホイール購入などなどで、
トータル100万円弱かかることに・・・・

あ~う~

ただ生きてるだけでお金がかかる~~

でも・・・車の屋根に
落ちてきたルーフのパイプが
貫通しているお宅もたくさんあるようだ・・・
それに築年数からいって
そろそろ屋根&壁面塗装は必要であり、
また、このよーな異常気象が
通常のことになることを完全に想定すれば、
塗装を強化しておくことは
どーしても必要である・・・・

てなわけで、まあ仕方ないですよ、ハハハ・・・(力なく)

工務店さんに聞くところによると、
もともと、消費税が上がる前の駆け込み需要で
工事の依頼がぎっしりだったところに
この豪雪で、
仕事に埋もれて動けないほどの
大盛況になっているらしい・・・
特に腕のよい工務店さんには
仕事が殺到していることでしょう・・・

先日、車のディーラーさんとも電話で話したのだが、
ディーラーさんも大忙しで
大変な騒ぎになっている模様・・・

明るいニュースとしては
オレの家の確定申告がすべて終了した~

青色申告会に2回通ってOKが出たので
青色申告もぶじに行い、
夫と娘の医療費もすべてまとめて
税務署で申告してきたので
今年はもう税金終わり~~

前の年度はちょっと張り切りすぎて、
所得が一定のラインを超えてしまい
目を疑うよーな住民税と国民健康保険の請求が来たので
今回は少しエコ運転を心掛けたのだ。
そして経費も、もっとまめにつけるようにしたら、
所得がずいぶん減らせたので
次の住民税等は少し軽減されるはず・・・
所得が減ったのは喜ばしいことではないんだけど
一定のラインを超えてしまうのは痛い・・・
越えるんなら大幅に越えて
すべての損を吸収しないといけないんだけど
オレの仕事の場合、生産性を上げるのにも限度があるので
大幅に売上高を増やそうとすれば
睡眠や趣味の時間を犠牲にするしかなく、
そうなれば確実に長生きはできないであろう・・・・

これは、ああでもない、こうでもないと思いながら
いつも悩んでいるテーマであり、
ジレンマでもある。

でも・・・漁の師匠によると、
オレの技能がもっと向上すれば、
その問題は自ずと解決するという・・
ホ・・・・ホント

ま、まあ、いいわ、
深く考えるのはやめて
とにかく目の前にある仕事を
テキパキと片付けよう。
そうしているうちに
技能とやらが向上し、
生産性が上がるかもしれないので・・・・

とりあえず、豪雪は高くついたので
ガレージの屋根の上から
雪を落とすための
特別なアイテムを購入し、
次に大量の積雪に見舞われたときは
華麗にガレージの雪を落としたいと思います

豪雪や。

お・・・・おそろしい~、豪雪被害

いま、孤立状態が続いている地域が多数ある中、
オレの住んでいる場所の積雪などは
モノの数ではないだろう。

それでも普段、雪といってもほとんど積もらない関東地方は
雪インフラがまったくないことに
改めて気づかされたため、
高山旅行の続きを書く前に
このエントリーを書いています。

オレは雪国育ちであるため、
正直、このくらいの雪は屁でもないと感じており、
長靴をはいてどこまでも歩いていたり、
近所のおじさんたちにまざって
テンション高く近隣の雪かきなどを行っていた。

しかしっ・・雪に強いのはオレだけで
住宅はヤワだった・・・・

日曜日、なんとなく家の
カーポートが変な感じがした。
何が変化といえば、
いつもまっすぐの柱が
30度くらいナナメになっているのだ

ええええええ~~

20センチも積もってないのに、
なぜなぜホワ~イ

こ・・・これでは倒壊するのも時間の問題・・・・。

この住宅を購入する際に仲介してくれた不動産会社の社長が
とーても親切な方で、
なおかつ地域の不動産業のドンのよーな方だったのを思い出し、
夫が社長に連絡したら、
すぐに工務店の関係の方を送ってくれた・・・・。
あ~、ありがたや~

しかし、現在、オレの家の周辺でもあちこちで
カーポートの屋根が落ちているため、
本格的な工事の順番が回ってくるまでには
かなり時間がかかるらしい。
しかしジワジワと傾きを増やしている屋根を
このままにしておけば、
水曜日の雪で完全倒壊に至るのは
火を見るより明らか。
そんな我が家の窮状を見て、工務店の方が再び来てくださり、
木材を使って支柱を立て、
傾きをまっすぐにしてくれた・・・ありがとう~、
ありがとう~、ありがとうございます~

しかも、その工事をしてくれた若い男性が
V6の長野くんのよーなイケメン!
イケメンの上、器用で、
支柱もこともなげにその場で測り、
のこぎりで木材を切って、
ぴったりに合わせて立ててくれた・・・
なに?オレの目前でくり広がっている光景、
こ、これは奇跡なの

作業で、隣の家の敷地から
梯子をかける必要があったので、
隣の家のおじさん(雪かきバディ)にお願いして
快諾してもらったのだが、
そのお礼にということで、
そのイケメンお兄ちゃんが
ものすごい勢いで、隣のおじさんの家の
雪かきをはじめ、瞬く間に終わらせる姿に
うっとりと見惚れるオバハン・・(オレ)

これから気候変動により、
異常気象が日常化して、
壊れたものを修理する能力が
今まで以上に大切になるだろう。
この分野では無能に近いオレ。
そのよーな作業を鼻歌まじりに
楽しげに完遂している方は
まさに奇跡としか思えないし、
思わず足元にひざまずいてプロポーズしそうよ~

オレの家は傾いた時点で、
車を動かして、安全な場所に移動できたし、
イケメンお兄ちゃんにまがった柱を応急処置で
立て直してもらえたので
かなりましな部類だった模様。
カーポートの屋根が崩落して
車の天井に激突し、穴が開いているような
車もたくさん出てますよ~と
カーディーラーのお兄ちゃんが言っていた。

カーポートの下にはってあるタイルみたいな、
インターロッキングの部分が
土台が傾くことで
かなり盛り上がってしまい、
剥がしてやり直しが必要な雰囲気なので、
最終的に数十万円かかりそうだけど・・・
もう仕方ないや~~

JAの建物更生共済に入ってるから
補償されるかなと思って問い合わせてみたら、
我が家の契約内容はカーポートが対象外になっていたとのこと。
そういえば、建売で購入時に契約したんだけど、
購入時にはルーフがついていなくて、
引っ越してから設置したのであった・・・・

これから竜巻とか異常気象による災害が
増えると思われるため、
工事が終わって落ち着いたら
補償内容を見直して
カーポートも含めるよーにしよう・・・・

皆様、カーポートのルーフ上の雪は
たとえ20センチくらいでも
あとで雨が降って雨水を含むと
とてつもない重量になるそうなので、
早い段階で屋根の雪下ろしを~~
雪国のカーポートは耐雪仕様になっていて、
両方に柱があって支えてくれるから
100センチまでの積雪に耐えるのがスタンダードですが、
都心は駐車スペースが小さいため、
片方だけで支えるタイプが多く、
そういうカーポートは本当に積雪に弱いみたいです・・・・

次回からは雪が降ったら、
近所のおじさんたちと
雪かき活動を終えたら
すぐに自分の家のカーポートの屋根雪おろしをしよう、必ず・・・
てか、カーポート、両側に柱があるやつじゃないと
もう絶対ダメだと思う・・・
でもセレブな我が家は駐車スペースがぎりぎりなので、
そんなカーポートをつけたら
入るのは軽自動車だけになるだろう・・・・。

軽自動車に乗り換えるべきなのか、
それとも車を所有すること自体
もはややめるべきなのか・・・・

気候変動にともなって
これまで常識となっていた生活様式が
大きく崩れ始めてきている。
だんだん年取ってきている自分のことも考えあわせ、
そろそろライフスタイルを大幅に見直す時期が来たのだろう。

某鳥類のバスツアー。

おお~、年始バスツアーからすでに1か月以上が経過・・・・

そして今、おそろしい青色申告の時期に突入。
ダメだこりゃ・・・・
でも、某鳥類のバスツアーのことは書いておかねば・・・・

某鳥類のバスツアーを利用したのは
ふつーに自分で手配して年始に温泉宿に2泊3日なんかしたら
鼻血が止まらないほど高いから

以前、年始に草津温泉に行こうとして
自分で調べてみたら、3が日はいつも一泊二食1万5千円くらいの宿が
3万円以上つけていて、そんなもんに3人で繰り出したら
いくらゼニがあっても足りまへん・・・
しかし、その当時も毎日家という名の仕事場という名の
牢獄のよーな空間でずーっとパソコンにはりついて
仕事ばーっかしてたので、
旅行の予定でも立てないと
自分でも何するかわからないほど
追い詰められた気分だったの~

で、オレは考えた。
こういうことになると、
まるでアニメの一休さんのよーに
頭で木魚がポクポク鳴り出すのだ。

チーン

そうだっっ、某鳥類バスツアー会社であれば、
オレが個人事業主として加入している
居住自治体の外郭団体の
中小企業向け福利厚生団体の
割引が受けられるし、一定額を助成してもらえるはず~~

そこで調べたところ、
草津温泉1泊2日、1泊2食&2昼食がつき、
高崎のダルマ寺で初詣もできる
素敵なバスツアーに
1人2万5千円ほど(割引適用後)で参加できることを発見!
すぐに予約して、家族3人で乗り込んだのよ、ええ

なんかね~、自分で運転しなくっていいのって
本当に楽だな~と思ったのよ、そのとき。
どんなに道路が混んでいても、
ガイドさんや運転手さんが本社などと連絡をとって、
いちばんすいている道を探して
予定時間になるべく遅れないようにしてくれるし、
お昼は巨大ドライブインで用意されているし
しかも、クオリティだって決して低くなくて
なかなかおいしいし、
ホテルも、まあほぼ巨大ホテルしか無理なんだけど、
結構クオリティがよいところを使ってくれるし、
ああ~、楽ぅ、楽ぅ、とにかく楽ぅぅぅ~~
復路では軽井沢のプリンスアウトレットに
3時間も放牧されてしまったけど・・・・
寒かったわ~、とにかく買い物にほとんど興味がないオレにとって
あの場所は寒中修行の道場みたいな感じだったけど・・・・
でもツアー同乗者の中には、
軽井沢のアウトレットに行きたいから
このツアーにしたと言っている方もいらっしゃり、
人間のニーズって幅広いな~としみじみしたりね・・・

そんなわけでスカーリ味をしめ、
去年は早々と鳥類バス会社に電話して、
前々から行きたかった高山&奥飛騨2泊3日ツアーに申し込んだわけなの。

毎日毎日、仕事で泣きそうだったけど、
夜寝る前にツアーのパンフ見て
心の支えにしたわ!
夫と娘はそんなオレから
見てはいけなかったもののよーに
即座に目をそらしていたけど、いいのっ、もう

で、ツアー。

1泊目は高山市内。
ひだプラザホテルとゆーところに宿泊。
オレは高山は数回訪れたことがある。
だが、夫&娘は初めてだったので、
ホテルでバスを下してもらってから
3人で高山の町に繰り出し
五平餅を食べたりして楽しんだわ・・・
雪がチラチラまっていて・・・風流でしたわ。
しかし元旦であったため、
観光施設やお店が半分以上閉まっていてねえ~。
でも高山は川を中心に広がる絵になる町やね・・・・。

(つづく)
プロフィール

マリママ

Author:マリママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。