スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wrapping up.

今日が今年のオレの仕事納め。

最後の最後で大変な案件に見舞われ
平均睡眠時間2時間が2週間続き、
自分でもいったい何をしたいのか
ぜんぜんわからない~~

相変わらず目先のゼニに弱いオレである。

大きい仕事を抱えていると
毎日、風がぴゅーぴゅー吹く中で
吊り橋をわたっているよーな気持ちになる・・・
朝2時半(朝なのか?)には起きて仕事をはじめ、
5時に近所のコンビニに
コーヒーを買いにいくのが無上の楽しみだった
いっつも同じお兄ちゃんが店番をしており、
5時に毎朝コーヒーを買いに来るオレを
変わってるけど、とりあえず暴力行為もはたらかず、
万引きもしない無害客認定してくれたのか、
コーヒー会員用ポイントカードを発行してくれた。

お兄ちゃん、ありがとう

ま、そんな仕事も終わり、
来年早々のブッキングもいくつかいただき、
オレとしては大変心穏やかな仕事納めとなった。

今年はチロルチョコ案件を
山のよーに海の向こうから投げてくる会社をはじめ、
取引先を3社増やすことができ、
資本主義の犬であるところのオレにとっては、
大変に有意義な1年であった。

そして、夫も元気でいてくれており、
また娘も相変わらず天然ですが、
進学した学校の雰囲気や校風が
意外なほどあっていたよーで
毎日楽しい楽しいと通っている
そういう意味で、妻・母(←い・・・一応ね・・・・)としてのオレも
わりと穏やかな感じであった。

国技館にもトータル7回行けたし、
今年は遠藤のお姫様抱っこプレートで記念撮影して
友人知人に送ってウケをとれましたし、
また逸ノ城というものすごい生き物が登場し
目が土俵に釘づけになりながら
空いた時間に彼の情報を求めてネットをさすらうという
新たな趣味もでき、
大相撲ファンとしても大変に充実した1年であった。

今年はまた、仕事の質が上がったことを
各方面で指摘され、とってもうれしく思ったし、
ご指名のお客さんも増えた。
やっぱ職業訓練のスクールに通ったの、
本当によかったわ。
通ってるときは、あまりにも仕事との両立が大変で
何回も頭がおかしくなりそーだったけど、
あのコースを受講してから、
確実にオレの仕事への向き合い方が変わった。
そのときは意識してなかったけど、
今はわかる。
前のオレは自己満足してたわりに、いろいろ自信がなく、
自分なりの方法論みたいなのがなかった。
でも、今は違う。
今はオレの中に、こういう仕事がしたいという理想が
はっきり出来上がっていて、
それに少しでも近づこうといつも思っている。
それは、とても気持ちのよい感覚だ。

来年はどんな年になるのかな。
とにかくよい1年にしたい。

しかし、顔をあげてみると、
そこには少し破れた障子とか、
オレの世話を必要としているたくさんのものが
涙目でこちらを見つめているものたちが
おおおお~~

そんなわけで今年の更新は終わりです。
こんなへっぽこブログを読んで下さっている皆様に
改めて感謝と、奇人変人認定を差し上げます。

ちょっと早いけど、皆様、
どうぞよいお年をお過ごしください。
スポンサーサイト

幸せになりたければ。

「1時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。」
「3日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。」
「8日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。」
「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」  

と古の中国人は言ったらしい。

ま、この格言にはいろいろ異論があるオレだが、
こういう価値観もあるのね、ということで。

しかしっっ、もう一つ、幸せになるための
素敵な方法を付け加えたいと思う

マリママ曰く

「毎朝、毎晩幸せになりたかったら、
ハナクリーンを買いなさい」

これしかないのだ。
これが人生の真実なのである。

ハナクリーン。
それは鼻うがいがやすやすとでき、
お手入れも楽で、価格もお手頃な
オレのよーに軽い副鼻腔炎が慢性化して
なかなか治らない人間には
まさに福音と呼べる最高のアイテムである

今まで、いろんな手を尽くして
鼻うがいを実践してきたのだが、
つーんと痛くなったり、
後ろから娘に指差して笑われたりするなど、
継続して行っていくには
ハードルが高すぎた。
ハナノアという鼻うがい用薬品も買ってみたが
値段が割と高いのと
近所のドラッグストアで売っていないので
面倒くさくなって止めていた。

かかりつけの耳鼻科クリニックの待合室に
ハナクリーンのパンフレットがあったので、
何気なく一通もらってきて、
調剤薬局の待ち時間に開いてみたら、
即座に目が釘付けになったオレ

こ、これを試してみなければ
だいたい、こういう予感ってほとんど的中するので、
帰宅してすぐアマゾンで購入したのが約1年前のこと。

翌日、ハナクリーンS(いちばん安いモデル)が届いてから、
オレと彼(ハナクリーンS)の愛の物語が始まった。
と、とにかくハナクリーンは痛くない
おまけに、洗ったあとの爽快感が異常
あまりに気分爽快なので、本当は一日に何度も洗いたいのだが、
それはあまりよいことではないらしいので、
朝起きてすぐ1回と、寝る前の入浴タイムに1回
ハナクリーンで思い切り鼻にぬるま湯を通すオレ。
さすがのハナクリーンでも真水では痛いので、
38度くらいのぬるま湯に茶さじ3分の1くらいの食塩
(セレブなオレは「はかたの塩」を愛用)を溶かして使う。
すでに調合して1回ずつ包装してある
サーレという粉末も売っており、
これは旅行などに携帯するのに非常に便利だし、
ただの食塩だけでなく、ミントなどを加え、
さらなる爽快感を演出してくれる。

ハナクリーンで己の鼻孔に
思い切りぬるま湯を通す瞬間。
この爽快感を味わうために
生きてるんじゃないか、
毎日セルフ激務にいそしんでいるのではないか、
そんな気さえするパラダイス銀河である

ハナクリーンの回しものじゃないけど、
とにかく鼻の不調を抱える人は
一度お試しください、マジで人生変わります。

ハナクリーンにはゴージャスなモデルもあり、
それを使うと爽快感がワンランクもツーランクも上がるらしい。
でもっっ、今でさえこんなに爽快なのに、
そんなセレブなハナクリーンを使って
天国のよーな爽快感を覚えたら、
もう仕事や家事なんかできなくなるんじゃないかしら
今以上の快楽に身を投じることに
二の足を踏むオレである。
やっぱ毎朝チロルチョコ拾い集めたりとか、
そんなことばっかしてるからね、
大胆な行動がとれなくなってるのよ

んなわけで、来年の抱負のひとつは

「ゴージャスなハナクリーンを購入して鼻を洗い、
しかしその爽快感に中毒症状にならず、
冷静に今の一日2回ペースを守ること」

である。

む・・・・難しいわ・・・・できるかしら?

ロールシャッハ。

あいーんキャロット

何を撮影しても、なぜか画像がすべてピンボケになる
そんな魔法の手を持つオレ
だから本ブログにもあまり画像が登場しないのだが、
先ほど畑から引っこ抜いた人参が
あまりに個性的な形状をしていたので、
画像をアップせずにはいられない。

カレーをつくろうとして冷蔵庫の野菜庫をあけたら
人参がなかったので、自転車で区民農園の
マイ区画まで行って3本ばかり引っこ抜いてきた。
そしたら、その中の一本が
画像のよーな形をしていた

真ん中がひび割れてきたので
それを結ぶかのように、抱きしめて
これ以上亀裂が進んでも
分解しないようにしているかのよーに
左のほーから腕のよーな、
太いヒモのよーなものが出てきて
本体にからみついている。
オレが管理する4畳半くらいの区画でも、
実にいろんなドラマが起きているのであった。

いったいどのよーな事情があって
こんな形になったのだろう?
思わずこの人参をにぎりしめたまま
区画の真ん中に立ち尽くすオレ。
だいたいオレはネット通販で
「わけありリンゴ」や「わけあり明太子」を買うのが好きなのだが、
それらが届くと、必ず荷物に

「どんな訳があったのか、
おばちゃんに話してごらん、え?」

と聞きたくなるよーな性格構造を持っている。
だから、この人参が一般的な形状を採用せず、
このよーな形を選んだわけを聞きたくてたまらない
しかし当然ながら、人参は寡黙で
何も答えてくれないので、
我慢してそのまま家に持ち帰って
未消化な気持ちを抱えてカレーの材料にするしかない

で、この人参をよくよく見ていると、
いろんなことが頭に浮かび、
さまざまな形に見えてきたのである。

まず、最初にこれを見たときに
すぐに頭に浮かんだ言葉は

「母の愛」

であった。
ひび割れたわが子の亀裂が
これ以上進まないよう、必死で抑える腕。
それが母なる愛の象徴に見えたのである。
この二の腕がむっちりした感じも
ノースリーブのオバハンの腕に似てるし・・・

でも、よーくよーく見ていると、
これが発情期にある恋人同士の抱擁にも見えてきた。
腕を回しているほーが女性で、
右の若干背が高く見えるほーが男性である。

それからしばらく農作業にいそしんで
再びこの人参をまじまじと見るオレの脳裏に
あるひらめきが浮かんできた。

こっ、この人参は、
志村けんの

「アイーン」をしているわっっっ

そう思った瞬間、
もうこの人参の形状が
アイーンのポーズ以外のものには
どんなに努力しても見えなくなったのである。

ということは、これが正解なのかしら
少なくともオレにとってはね・・・・

同じものを見ても、
それがどう見えるかは、
見る人間の受け取り方、感じ方次第なのである。
個人が見たものをどう感じ、どう受け取るかは、
それまでのその人の経験や、生来の特性など、
数々の要因が組み合わさって決定される。

うちはカメ姫さまが志村けんの大ファンで
リスペクトしまくっているので、
家族で「志村魂」というライブを何度か見に行っている。
今年も明治座で開催された志村魂を見に行った。
そのよーな経験が、いつの間にかオレの
物の見方に影響を与えて、
アイーンのひらめきを授けてくれたのじゃろう。

日常生活にはかように新しい驚きや発見が満ちており、
毎日、いろんなことに感じ入ったり、
しみじみしたりするのである
オバハンになってから、ますます日常生活に夢中なオレは
やはり幸せと言わざるを得ない。

手遊び。

最近、また忙しいドツボにはまっているオレだが、
娘のおかげでいろいろと癒されている

娘のカメ姫さまは保育系の学校に行っており、
毎日、学校で工作をしたり、
新しい手遊びを教えてもらったりして、
それらを家に帰ると
オレに披露してくれるのだが
実に楽しそうなのである。

「トン、トン、トン、トン、ひげじいさん・・・・」

とか

「これっくらいの、おべんとばこに・・・・」

とか、本当に楽しそうにやってくれる。

こういうかわいい時代もあったのだ
その頃、オレはまだ30代の若いママで、
職場と保育園と病院を走り回っていた。
ぜんそくがひどかった娘を
夜中に自転車の後ろにのせて
大学病院の救急外来に行って点滴を受けるようなことが
毎月複数回あったり、
隔月くらいのペースで入院させたりしていて、
どちらの親にも一切頼れず、
電車の中で気がついたらボロボロ泣いていたりして、
本当に嵐のよーな時代であった・・・・
若かったわあ~~

保育園までの道中に
でっかいかに道楽の看板があり、
その前にしばし自転車をとめて佇み、
ふたりでかにを見るのが楽しみだった・・・・
ぜんそくの発作が起きると
かに道楽の看板が見られないので
娘のカメ姫が号泣しながら
病院のベッドで「カニ道楽~~」と叫んだので
その病院の小児病棟で「カニ道楽ちゃん」として有名になった・・・・

あら~、記憶によみがえってくるのは
珍妙なエピソードばかり
やっぱアホだわ、オレたち親子って・・・・

ま、そんな娘もかに道楽時代を乗り越え、
ぜんそくもよい先生に出会えて
地道な治療を重ねることにより改善し、
いろんな経過を経て今に至るわけだが、
娘が幼かった、その嵐のような時代に
確かに保育園で覚えた手遊びなどを
披露してくれたことがあった。

あんなにかわいかったのに、
なんでちゃんと見てなかったのかな。

娘が今、工作や手遊びを披露してくれるのを見るたびに、
オレは自分が見逃していたものを
毎日取り戻しているような気がする。
かわいかった頃が戻ってきてくれたような気がする。
でも、今は洗濯物を取り込んで畳んでくれたり、
ごみを出してくれたり。
夕食後の食器も全部洗ってくれるし、
お風呂も毎日掃除してくれる。
大きくなったんだね。

もう少し暇ができたら
家族みんなでかに道楽に行こう。
プロフィール

マリママ

Author:マリママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。