スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんたちに会えなくなったのが切ない娘。

娘は夏休みから、ごり押し売り込み攻撃をかけ、
2歳から6歳まで通園した保育園に
長期ボランティアとして受け入れていただき、
かなーり頻繁にお手伝いをしに行っていた。

あのよーな方を受け入れる保育園の先生は
どんだけ大変だろう・・・

と心を痛めていたものの、
バイトもできていることだし、
なんだか娘はすごいパワフルなものに
背後から常に守られているよーな方なので
その大いなる力にお任せして放置しておいた。
ええ、放置は得意ですから、ホホホ

保育園では娘を、あんよをするかしないかくらいの
赤ちゃんと幼児の中間くらいの
プリティちゃんたちのクラスのヘルパーとして配置してくださった。
そんなプリティちゃんたちに囲まれて
毎日先生たちの助手として
掃除したり、お散歩ツアーに付き添って
プリティちゃんたちを見張ったり、
相手をしたりね・・・・
大型バギーで公園や児童館の遊びの会に
同行するのが楽しくて楽しくてたまらなかったらしく、
保育園助手ライフを満喫していたのである

うーむ、謎。

オレはどちらかと言えば
小さなお子さんがとーっても苦手。
いや、かわいいとは思いますけど、
長く多数と一緒にいるとか無理~~
我が娘ながら赤ちゃんたちと
朝9時から5時まで一緒にいて
「あ~、かわいかった、楽しかった~」と
晴れ晴れした顔で帰ってくる娘を
素直に尊敬したオレである。

で、夏休みはそんな感じで、
バイトと、赤ちゃんたちと楽しい日々を送っていたのだが、
学校が始まって、保育園のボランティアは
平日の延長保育のスロットに移動し、
縦割りで色々な年齢のお子さんと過ごすよーになった。
お子さんの相手以外にも
園内の掃除やタオル畳みなど
いろんな雑用もやっているらしい。
おお~、すばらしい経験です~

いろんな年齢のお子さんももちろんかわいいらしいのだが、
とにかく夏の間を一緒に過ごした赤ちゃんたちが
恋しくてたまらないらしい。
ヨチヨチ歩きのプリティちゃんたちは
娘に慣れて、いつの間にかおひざの上に座ってきたり、
お散歩のときには手をつなぎたがって小競り合いしたり、
とにかくラブリーでラブリーでたまらなかったそーで。

ま~、かわいいわよね~、2歳くらいの子って・・・・
あまり子育てに向いていないオレでさえ
かわいいと思わざるを得ない彼ら・・・

んなわけで、過ぎ去った赤ちゃんとバイトまみれの夏を
なつかしく振り返る娘でした。
しかしこの夏は目覚ましく成長したのぅ~
そして想像以上にゼニが大きな誘因になるタイプだと判明し、
あ~、こりゃ、ちゃんと働けるなとオレが思えたのも
大きな収穫でございました。
スポンサーサイト

生きております、ええ、何とか・・・・

またブログがペンペン草だらけになってしまった・・・・

更新がない放置ブログに表示される広告を見ると
おおおお~、草むしり(=更新)せねば~と思うのだが、
なぜか今年は、例年はすこーし落ち着く8月~9月になっても
まったく休みがない日々が続いており・・・・・
そして、海の向こうのチロルチョコ親方の案件が
あまりにも大変な数に膨れ上がってしまい、
時差の関係もあり、このまま続けていれば
オレの生活から睡眠という作業が完全に消えてしまう・・・・と
冗談抜きで危機感を覚え始めたので
お断りしているうちに段々減ってきた・・・
そうなればなったでさびしいけど、
やっぱ体が資本だから睡眠とらないとね

ま~、仕事や畑やジムの間をぐるぐる回って
右往左往しているのは変わらないんっすけど、
最近は娘ががぜんバイトに目覚めていて、
ずいぶん雰囲気変わりましたね。
バイト先の方々のコメカミは
間違いなくズキズキ痛んでると思うのですが、
継続してバイトに通わせていただいており、
できることが増えていくことに
日々喜びを感じている模様。

今日はパフェ(←名前はあいまい、すぐ忘れますんで、不必要な情報は・・・・)の
作り方を教えてもらって作れるよーになった、だの
ポテトやナゲット等はすべて揚げさせてもらえるよーになっただの、
バイト先の先輩やベテランのパートの方が
娘の成長具合を見ながら、丁寧に少しずつ作業の難度をあげていってくれるみたいで
本当にありがたいわあ
そしてバイト料がもらえるのが本当にうれしいみたい。
やっぱり働くことって
人間を成長させてくれるんですね・・・・
何回も書いていますが、
できることとできないことの格差がありすぎる
オレの脳も、ゼニという誘因が投入されると
普段なら絶対にできない確定申告の帳簿作成等の作業にも
対応できるよーになるんだもの・・・・
やはり資本主義というのは
人間を働かせる上で非常に理にかなったシステムなんだろ~ね~

資本主義の犬として
日々ゼニに踊っているオレの娘も
資本主義のお座敷犬くらいになってるよーです

で、最近、彼女は卒園した保育園に
長期ボランティアという名のセルフ売り込み実習に
通わせていただいており、
日々、赤ちゃんや幼児の方々と触れ合っている。
大変かわいくて、行くのが楽しみで仕方ないそーです。
いい保育園だったからな~。
オレも迎えに行くのが本当に楽しみだったわあ~
保護者の方もいい人が多くて、
先生がたもよい方ばかりで、
思い出すと心がじんわりあったかくなるよーな
そんな素敵な場所でした。
相変わらずその雰囲気は続いているみたいで、
娘は毎週、園に行くたびに
心の根っこのあたりが充電されたよーな顔で帰ってくる。
本当にありがたいことです。
そして娘がバイト先や長期ボランティアなどで忙しい夏を過ごせたおかげで、
オレも昨年のよーに、家に常にリラックマがはりついているという
ストレスに満ちた猛暑を過ごさずに済んだ・・・ふぅぅぅ~

そーいえば、オレの趣味のひとつが
長距離高速バスに乗ることなんすけど、
今回、ウィラーバスという会社のバスに乗って
キジバトさん(母親)のいる実家に帰省してみた。
ウィラーバスは様々なタイプのシートがあることで人気が高くなっており、
今回はリラックスというシートに乗ってみた。
リラックスシートはリクライニングも程よく、
カノピーという名前の顔のあたりにおりてくる
覆いみたいなやつがあって、それが意外なプライベート感をもたらしてくれて
なかなか快適だったけど、ひとつ重大な問題が

そ、そりはね・・・・車内にトイレが設置されていないの~

誤解を避けるために書いておきますが、
ウィラーバスの車両には当然トイレが設置されているものもあります。
ただ、オレが乗った車両にはトイレの設置がなかったわけで・・・

まー2~3時間おきにトイレ休憩を設けてくれるからいいか~と思ってたんだけど、
オレもオバハンのハシクレとして、頻尿という症状と
日々一緒に暮らしている。
そんな頻尿のオバハンにとって
車内にトイレの設置がないというのは
とーても不安になるものなのね・・・・・

今までも何度も夜行バスであちこち移動しているオレだが、
車内にトイレがあるというのは
安心感の保険みたいなもんで、
夜中にトイレ休憩があっても、眠かったら無視して
そのまま寝たりしているため、結構睡眠が確保できるのだ。

そ~れ~な~の~に~、今回のトイレのないバスでは
とにかく心配で心配で、深夜にトイレ休憩でバスが停車するたびに
行きたくなくてもトイレにおりてしまう・・・・
おかげでまとまった睡眠がとれず・・・・・
頻尿とは程遠い、ピチピチとした膀胱を装着している娘も
やはり心配になったらしく、オレと一緒にトイレにおりていたため、
あまり眠れなかったと言っておりました

でも、ウィラーバスの車内に携帯電話を忘れ、
気づいてあわてて忘れ物の担当箇所に電話したら、
直ちに感じよく対応してくれて、
翌日にはプチプチで2重に包装された愛しのガラケーちゃんが
オレの手元に送られてきました・・・
プチプチから出てきたガラケーちゃんは
オレの顔を見て、「ママ~」と叫んだよーな気がした・・・・

そんなわけでウィラーバスの忘れ物対応の
あまりのスムースさと感じよさにより、
トイレがないため頻尿不安と闘ったことは
完全に帳消しになりました・・・
てか、トイレの設置がないことは
あらかじめわかっていて、それで乗ってんだから
それは会社の問題でもなんでもなく、
完全にオレの選択ミスなんすけどね。
だからウィラーバス、個人的にはとてもよかったと思います。
今度はトイレのついた車両を選んで乗るわっっ
プロフィール

マリママ

Author:マリママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。