スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座布団10枚!

冬はフィギュアスケートのシーズンである。

オレも日本人のハシクレとして
かなりよくテレビ観戦していて、
人口1億人の国から
よくもまあ、これだけすごい選手が
次から次に現れるもんだな~と感嘆し、
選手の皆様に惜しみない拍手を送っている。
でも、フィギュアスケートのコアなファンの皆さんって
本当にくわしくて、知識豊かな方々が多い。
よってオレのよーな素人は
意見や感想を書くのははばかられるわけだが、
この前のグランプリファイナルは素晴らしかった

羽生結弦選手が自分で出した世界最高得点を
再び塗り替えたときは、食べかけのタイ焼きを握りしめて
号泣してしまったわ
とにかく、すごいものを見たという気がして
心がふるえた。
リンクサイドにいた日本人の紳士(スタッフの方?コーチ?)が
最後に手を合わせて拝んでいたけど、
わかるわかる、拝みたくなるよね~
なんか、神様を見たような感じ。

宇野昌磨選手のフリーの演技にも
目が釘付けになった
まだ17才なのに、あらゆるエレメンツが高度で良質で
そして何よりも「魅せる」

で、CBCとEurosportsの中継を動画で再確認。
どちらの解説者も、羽生選手と宇野選手の演技に
じつに適切でわかりやすく、また適度にパーソナルな感情を織り込んだ
よいコメントをしてくれていた。
で、CBCの宇野選手のフリーの最後あたりに、

Shoma, the showman!

と言っていたのを聞いて、うまいっ!と思った
上手に韻を踏んでるな~、
そのまま宇野選手のキャッチフレーズにしてもいいんじゃないか?

showmanの訳は、この場合は「魅せる男」がベストだと
オレは思った。
これから成長して、いろんな経験を積み重ねて
もっともっと「魅せて」ほしいな~
スポンサーサイト

身体は運動を欲している(少なくともオレの場合)

ここ何か月か大変に忙しく、とにかく必死でデスクにかじりつき、
風邪なんか引いたら一発で締め切りを落とすから、
絶対に風邪なんか引かないぞと思い決め、
まー、今からおもえば完全におかしいペースで仕事をしていたオレ

なんだろう、この極端から極端へと走らざるを得ない性格・・・
オレは暴走モードか、脱力モードの2つしかない
ポンコツ機関車のよーに
噴煙をあげてひとり走り続けていたのだった。

で、ちょっとスケジュールが楽になり、
やれうれしやと思い、前から頼まれていた本業とはちょっと違う別の仕事にとりかかった。
その日はとっても充実した気分で寝たのだが
朝起きるとなんとなく動悸がし、
立とうとすると目がぐるぐると回り、
歩こうとしても足元がふらつき、
耳鳴りがキーンとし、ヨロヨロと椅子にもたれかかるオレ・・・・

おおおおおお~~

なぜなぜホワーイ
一日ぐったりと寝込んでいたら、
とりあえず目の前ぐるぐるはなくなったので
かかりつけの内科の先生のもとへ・・・・

とりあえず検査をし、診察を受け、
お話をするオレ。
どうも特に悪いところは、今の段階ではないということで、
もしかして神経が常に緊張状態にあるため、
交換神経が混乱しているのでは?ということで、
それ相応のお薬を出してもらった。

それから少しお話したのだが、
オレが「最近は大好きなジムに全然いけてなくて、
だから一番いやなデブになりつつあって・・・めそめそ
と訴えると、先生は「ジムに行ったらどうですか?」とすすめてくれた。
ふらつきも、運動することで軽減される可能性も高いし、
行ってみたらいいと思う、と言われたので、
その日、すぐにジムに久しぶりに行き、
トレッドミルで5キロ走り、筋トレをしたところ・・・・・

あ~ら不思議~
メソメソした気分はすっかりと消え去り、
足元もしっかりと大地を踏みしめ、
気がつくと鼻歌まで歌っていたのであった・・・

で、オレは確信しましたね、
運動しないとダメだと。
運動して脳に酸素を送り込まないと、
オレの場合はマイナス思考になるし、
交感神経のバランスも崩れるし、
つまりは、仕事の量を削ってでも
ジムに行ったり、ウォーキングしたりする時間は
死守しなければならないと。
だいたい、運動不足でデブになったら
自分のことが嫌いになって、
どんどんマイナス思考に入ってしまうから、
やっぱり身体を動かさないと~~

んなわけで、オレはがんばる。
これから週に3回はちゃんとジムに行けるように
勇気をもって、自信をもって仕事量を調整する。
仕事を断ったせいで、もう注文が来ないのでは、という不安な心をなだめて
大丈夫、大丈夫、ちゃんと仕事していれば大丈夫、と
自分に言い聞かせる。
そう決めたし、必ずそうする。


パーティが苦手。

年末に向かい、お仕事をいただいている会社の方から
クリスマスパーティや
忘年会・新年会等へのお誘いが
ぼつぼつ入ってきている。

本当にありがたいことです

しかしオレは実は
立食パーティが大の苦手なのである。
食べ物や飲み物を手にもって、
初対面の人と話したり、
知り合いの人のところに無理やり入っていって
おしゃべりをしたりして
仕事の幅を・・・広がるのかしら・・・・

オレは大変に社交的な方と
誤認されやすいタイプなのだが
幼いころは異常に人見知りだった。
その片鱗がまだ心の中に残っているらしく、
とにかく立食パーティが死ぬほど苦手・・・・

座って食べる忘年会はわりと得意。
トークのネタを山ほどもっているので、
その場でエンターテイナーとして
かなりの笑いを取ったりもできる。

しかし立って両手にものを持ち、
社交をして回るのは・・・・

昨年のある業者さんのでっかい新年会では、
一時、教えてもらっていた先生が
業者として招待されていたので、
先生とワインを持ちながら
再会を喜びあい、何とか格好がつきましたけど・・・・

なんだろう、この「恰好がついた・つかない」
というおかしな表現・・・・
たぶん、回遊魚として会場を
するすると泳ぐのが本当に苦手なんだけど、
それがばれないようにしたいのかもな~~

いつまで経っても慣れないものってあるわね・・・
確定申告、
立食パーティ・・・

立食パーティが得意な人も
この世にはいるんだろーなー・・・
議員さんとかさ、苦手だったら
仕事できないもんね・・・
オレもがんばろう~



過ぎたるはなお・・・

最近は週末もずっと仕事してるので、
一日も休みがない。
てか、フリーランスの場合、
週末が逆に稼ぎ時になるので、
週末は働けません、と言っていると
年間の売上高が3分の1くらい減るだろう

オレは今の仕事を事業として
シビアに運営している(つもり)なので、
週末は働けませんと最初から宣言するとゆーのは
選択肢には含まれていない。

しかし家族は週末が休みだし、
夫がジムに行ったあとまったりしていたり、
娘が遊びにいったり、バイトのあとの
リラックマ活動に従事したりしている姿を見ていると
時々あせるし落ち込むわ・・・・

オレがやってる仕事って、
主婦が片手間に優雅にできる仕事とか
勘違いされがちなんだけど
片手間にやっているようでは
腕も全然上がらないし、
スピードも上がらないし、
結局はお客様のニーズを満たすことなどできず、
仕事が回ってこなくなる・・・
そんなシビアな仕事なんだよね、本当は
そんなわけで、オレの場合は
パソコンを開いた瞬間が出陣で、
納品するまで戦(いくさ)のイメージです
武士は戦の間、
塩むすびで腹をつくったそうですが、
オレも仕事が興に乗っているときは
食事をする時間がもったいないから
バターロールを口にくわえて
弾丸のよーにキーをたたき続けています・・・
本当はバターロールも食べずに済むなら済ませたいけど、
何か食べないと脳が働かなくなるからね・・・

一応家族がいるから、朝食と夕食はまともに作るけど・・・
独り者でフリーランスでこの仕事してたら、
毎日バターロールくらいしか食べないかもしれない・・・・
こわいわ~~

とにかく家にいたら
常に仕事をしてしまうので、
少し休むために、
また近々一人旅に出る予定・・・・
夫もそーしなさいと即座に言ってくれたし、
娘もでっかく成長したから
面倒みなくていい・・・ってか、ゴミ出しも
洗濯ものも風呂掃除もみんなやってくれるし

オバハンになってから
仕事を強制的に休むために
定期的に一人旅に出る人生が始まるとは・・・・
しかしここ3~4カ月のスケジュールは異常だったので
やはり強制的にこのへんで休み、
年末からの超繁忙期に「いざ出陣~!」と言いながら
飛び込んでいける体力・気力を蓄えねば。
プロフィール

マリママ

Author:マリママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。